クレナイオオイカリナマコ 奄美大島!

誰もふだんは潜らない湾奥でダイビング。
なかなか出てくる魚、生き物がマニアックで面白い。

オイランハゼ、ケショウハゼ、シマカスリハゼ、ニュウドウダテハゼ
クサハゼ、アオハチハゼ、サルハゼ、イトヒキハゼの一種など
普段いくポイントでは、いないハゼたちで面白かった・・・。

こちらは世界最大になる希少生物クレナイオオイカリナマコ
見た目も大きさも超地球外生物級だ!
このナマコで3mちょいくらい。(大きいのは4mにもなる!)
体表にはウミウシカクレエビやコシオリエビの仲間などが住んでいる。

食事中の姿なんかは、妖怪だ!
b0062363_19261129.jpg


あちこちにいっぱいいるニュウドウダテハゼ
15cmくらいの大きさ!
写真には写ってないけど一緒に住んでる共生エビは
クルマエビくらいでかい!
b0062363_19374630.jpg


奄美の海は未知の世界が広がっている。
外洋も面白いけど湾奥もまだまだ潜ると、面白い生きものがたくさん出てきそう。
湾奥もいっぱい潜るぞ!(潜りたい方はリクエストしてね。)


お口直しに・・・

安全停止中に上からふわっと現れた。。。
b0062363_19414245.jpg


さぁ!明日からサンマリンツアー!
はりきって行こう!

ありがっさまりょうた!
[PR]

by kohollo | 2010-04-15 00:00 | ダイビング | Comments(2)  

Commented by bodyform at 2010-06-03 20:04
3mのナマコですか^^・・・大きすぎますね!

小学生のときに能登でつかまえた30センチぐらいのナマコでもおおきかったのが記憶にあります。

奄美の海は面白い生物ワールドですね、ブログ見ていていつもびっくりします!
Commented by kohollo at 2010-06-04 20:45
◇bodyformさん
普通の人が水中で見ると、たいてい逃げていきます(笑)

一部のマニア(変)な人は、あーしたりこーしたりして観察しています。

僕は多分、健全な方です。
他人からみたら変と言われるかもしれませんが(笑)

<< サンガツサンチ A"Lineとイルカ >>