管鈍の通り池

陸上にぽっかりと空いた穴がある。
そこから海に繋がるトンネルがあるから不思議!

神秘な世界

b0062363_18512139.jpg

[PR]

by kohollo | 2013-01-24 18:52 | ダイビング | Comments(2)  

Commented by 鹿児島のタク at 2013-01-26 06:48 x
私は、大和村の名音に住んでいた時期があり、近くの海で、ダイビングではなく、シュノーケリングを楽しみました。調子のよいときは、10mくらいは潜れたと思います。こんな写真のような場面も経験させていただきました。ダイビングと違って、水面にでるまで、息が続くだろうかという心配と、水面上に出たときの息継ぎが何ともいえず、気持よかったです。でも、後で聞いたのですが、やはりこれはとっても危険なことなのですってね。ダイビングにはなかなか手が出ないかもしれませんが、また奄美へ行ってシュノーケリングしたいです。
Commented by kohollo at 2013-01-26 22:38
◇鹿児島のタクさん
当ブログを見て頂きありがとうございます。
シュノーケルは呼吸の限界があるので写真を撮るのは
とっても難しいですよね。
しかしダイビングは長く潜れる分、水中でいろんな体験ができるのもいいところです。
でもダイビングでは自分の吐く泡の音が気になったりする事も有ります。
シュノーケルは短い間しか水中にはいれませんが
魚たちと一体感が味わえますね。
ぜひ、また奄美の海を楽しみにきてください!

<< ザトウクジラの歌声○ 請島に沈む夕日 >>