リーフチェック13

11月6日 天気 晴れ 気温 25度 水温 25度

今年で13回目となるリーフチェックを
奄美南部の地元業者で行いました。

1998年の白化現象を目の当たりにし、その後のオニヒトデの大発生と
サンゴがかなりのダメージを受けました。

しかしここ最近では、外洋のリーフ(浅瀬)や湾内のサンゴは
かなり回復して来てると思います。

場所は安脚場にて。

地元業者、力を合わせて頑張ります。
b0062363_6452085.jpg


100mのラインを水底に設置します。
魚類班:(チョウチョウウオやハタ類、ブダイの数を調べます)、
無脊椎班:(エビ類やナマコ、ウニの数を調べます)、
底質班:(サンゴや岩、泥など底質を調べます)

上の3班に分かれ項目にチェックして行きました。

集まったデータは地元のサンゴを研究している興さんにお願いします。
結果が出たら、またご報告したいと思います。

b0062363_6535766.jpg


b0062363_6542096.jpg


おまけ。
アオウミガメも見守りに来てくれました。
b0062363_6554359.jpg


今後も見守って行きたいと思います。

ありがっさまりょうた。
[PR]

by kohollo | 2013-11-06 06:56 | ダイビング | Comments(0)  

<< 家族でダイビング 外洋遠征 アマミホール >>