産卵シーズン。濃い~海

5月24日 天気 曇り時々晴れ 気温 31-26度 水温 25度
南の風 穏やか 透明度 ◎

梅雨に入りましたが、
一年を通して一番海の中が賑やかな時期が来ました!


魚たちは交接、産卵を繰り返し、幼魚が産まれ
その周りには捕食者も現れ、弱肉強食の世界が繰り広げられます。

また岩にはスカシテンジクダイやグルクンなど群れで覆い尽くし
賑やかに。

サンゴの産卵もいよいよ、これからです。

今日のダイビングポイント
1.安脚場東(加計呂麻)
2.嘉鉄オアシス(奄美)

今日出会ったクマノミの種類すべてが卵を育てていました。
(クマノミ、セジロクマノミ、カクレクマノミ、ハナビラクマノミ、ハマクマノミ)

条件が揃うと、一斉に卵を産むんでしょうかね?!

赤い絨毯に見えるのが、クマノミの卵。
オスとメスが共同で守る。
そして交替で胸ビレを使って卵にきれいな水をかけてあげる。
b0062363_1923021.jpg

[PR]

by kohollo | 2008-05-24 19:23 | ダイビング | Comments(0)  

<< 梅雨を吹っ飛ばした!いい天気 篠穂の滝ツアーはいかが? >>